土曜日のみやざき。

みやざき納涼花火大会は天気良く夜涼しく、最高のシュチュエーションでの開催でした。
アートンメンバーも多数見に行かれていたようです。
 
ダンチャレチラシでもおなじみ、橘公園。
そこから大淀川に架かる橘橋や天満橋越しに見える花火は、昔から変わらぬみやざきの風景をより鮮やかに彩り魅了します。
 
文豪「川端康成」先生も川沿い宮崎観光ホテルの一室より、この花火を見ながら執筆したのだろうか?
観光の父「岩切章太郎」氏のみやざきの大地に絵を描くインスピレーションはこの花火からも得てたのだろうか?
アートンやみやざきダンスシーンの未来など。
色々想像を膨らませながら見てました。
 
最後のナイアガラの滝と大輪の花火は圧巻!会場から沢山の拍手が巻き起こりました。
 
その後、花火よりダンス!
「GKKJ福岡」でショーを披露する為、アートン で練習するカツヒロくん率いるチームメンバー達と挨拶交わし、宮崎老舗のソウルバー「SHOUTER」にてマスヤンと大阪から来てたアートン初代ポッピング講師「タカ」のダンス仲間で、テーブル席をファンキーなクラブアートンへ変え楽しませて頂きました!
 
ところで、アートンのR&Bレッスン講師マスヤンは今、自身の肉体を改造中。
無理なく食事や日常生活のちょっとした心掛けで健康的な身体に変わるそう、何か某会社の宣伝文句みたいですが…。
マスヤンクラスを受講すればもれなくその秘訣も教えて貰える!大阪で頑張ってる「タカ」へお勧めします。
 
 

 

 
ナイアガラの滝
 
アートンロッキングクルー「てげファンキーに踊りてーじTee」をマスター着てる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です