赤十字救急法救急ダンサーいます。

えれこっちゃみやざき当日、
37度という気温でダンスを踊り続けたメンバーは大変だったと思います。
本当に頑張りました。
そんな中でも大きな怪我や事故もなく無事終了にしてホッとしております。
 
当スタジオには、万が一の怪我や事故に備えて救命措置を行えるスタッフがいます。
インストラクターの「ドク」や「アキサン」がスタッフとして常駐して頂けるイベントの時は安心で心強いです。
これからはいつでもフォローできるように、私も万が一の時は対応させて頂きます。
当然、皆様のご協力も必要ですので宜しくお願い致します。 ※ AEDは駅内ダイソー前に設置
 
熱い日が続きますが、熱中症や事故の予防対策をしっかりして夏を楽しみましょう。
 
 

 
<赤十字ベーシックライフサポーター>
傷病者の観察の仕方および一次救命処置(心肺蘇生、AEDを用いた除細動、気道異物除去)等救急法の資格を有する者。
 
<赤十字救急法救急員>
急病の手当、けがの手当(止血、包帯、固定)、搬送および救護の資格を有する者。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です