アウトプット!

先日、アートンが繋がりを持つアウトドアブランドREADYMADE PRODUCTSの直営店「OUTPUT(アウトプット)」1st Anniversaryへ参加させて頂きました。
会場は隈研吾設計の九州芸文館、名だたる有名ガレージブランドやキッチンカーが出店しておりイベントは大盛況でした。
 
そのブランドロゴデザインを担当していたのが、アーティストの「北村 磨(Osamu Kitamura)」氏です。
GAP」や「Phirip morris」などの店舗や商品デザイン始め、他にも幅広く活動されています。
 
彼のカリグラフィーがデザインされたパーカーや商品はガンガン売れていました。
ありがたいことにアートンのカリグラフィー、更には彼の作品中にも描いて頂きました。
九州各県を巡るツアーもやって行きたいとの事、来宮の際には是非コラボをとの旨お伝えしてお別れしました。
他にも辛麺屋桝本公式ソングを作ったシンガーソングライター「そーはく」氏がライブ出演、ファンキーな辛麺公式ソングを披露していました。
 
ダンスはもちろん、色んな業種やあらゆるエンタメより学び進化させながら、アウトプットの質を高めフレッシュなスタジオを維持して参ります。
ちなみにアートンソウルファクトリーも15周年、つぇげならパワーアップしております!!
引き続きどうぞお楽しみ下さい。
 
 
@osmktmrデザイン作品、順に「リム皿(Readymade Products)」「GAP」「にわかせんべい」

 
 
OUTPUTの「U」にアートンが!

 
 
名刺がわりにサッと描いて頂きました。

Nothin’ on You

BRUNO MARS JAPAN TOUR 2022
今回のワールドツアー、アジア唯一の日本公演でしたので諸外国からも大勢来日されていました。
オープニング「Moonshine」からブチ上がる「24K Magic」、AWESOME!!最高!!!
 
「上を向いて歩こう」まで飛び出した、今までの名曲を余す事なく歌い踊ったライブ。
前回 はもちろん、今回も音楽やダンスはファンキーでカッコ良く最高である事を再認識させてくれました。
ここで感じ得たスピリッツは、アートンソウルファクトリーのダンスや劇団マンゴローに生かして参ります。
更にパワーアップするスタジオをどうぞご期待下さい。
 
さて、次のブルーノマーズもヤバい…
当ソウルクラスチーム「ゴールドレディ」でも流れた「シルクソニック / Fly as me」
70年代ソウルを彷彿させる強力サウンドは激ファンキー!Check it!!
 
 
会場直後の様子。
京セラドームレフト側(写真右上看板)ミッシちゃん目立っています。※ミッシちゃん(宮崎市のゆるキャラ)

 
オリックス本拠地ですので、この看板があるわけです。※上記写真アップ

 
「B・Mars」シンボルマーク

 
照明どんだけ使うんですか!?

 
マーズのオーラがホール全体を包む!

 
Soooo Fonkeyyyyy!

 
Grenade

 
Locked out of heaven

 
Kameron Whalum, Bruno Mars, Phillip Lawrence

 
最後はやっぱりコレ! 「Uptown Funk」

トップページ写真更新。

当ホームページトップ写真 フォトギャラリー (ダンスフリークス4、他少しずつ追加)を更新しております。
HPトップ写真は自動で7,8秒、フォトギャラリー(再生マークを押す)は4秒ほどで、差し変わっていきます。
お時間ございましたら、どうぞご覧ください。
 
 
アートンえれこ隊2022(ホンダロックSCハーフタイムショー)

 
フォトギャラリー(Miyazaki Hot Spot / 青島の夜空)

台風14号は、温帯低気圧へ。

県内各地へ甚大な被害をもたらした台風14号、自然災害の恐ろしさをヒシヒシと感じます。
 
当スタジオも停電で、復旧作業に追われました。
無事、昨日より通常通り営業再開しております。
 
まだまだ停電や浸水や交通機関の運休など、通常通りの生活へ戻れていない方々が多数いらっしゃいます。
完全復旧にはかなりの時間を要します、諦めずに前へ進んで参りましょう。
Fight!!
 
 
活力が湧いてくる!
「西都原のひまわり(1170 × 910mm) / 弥勒祐徳(みろくすけのり)」 アートン所蔵

 
溢れる愛、癒されます。
「十一面観音像 / ARISA」

リミッター外れました。

凄まじい軌道、とんでもなく隆起した絵の具、悟りを示したような円相。
白髪一雄」氏が制作された、アクションペインティングと呼ばれるアートです。
 
これらの作品は、天井からつるしたロープにつかまり、絵の具を広げたキャンバスの上を素足で滑走する手法で描かれています。
創作する時の心身を、そのまま写したような作品群に圧倒されます。
唯一無二の表現は、心身のリミッターを取っ払ってくれるくらい凄いパワーを持っています。
 
ずっと観てると、自身のダンスもこの作品のようにもっとダイレクトに表現できるんじゃないかと錯覚させるほどです。
また、アクションペインティング以外の作品や、宮崎との縁も深い作者の軌跡も辿ることができます。
当スタジオウォールアート「Out of Bounds」の作者「Meguru Yamaguchi」氏も影響を受けていた事をお話されていました。
 
蜜呪」に「群青」など…
どれもワリンワリン(荒々しくグルーヴする様)で、とにかくヤバい!
宮崎でここまでの作品群を観れるのは、もう今回だけかもしれません。
皆様、是非「宮崎県立美術館」へ足をお運び下さい。
 
 

 

 

 
蜜呪」チラシ裏より抜粋。

 

心のままに表現する。

ソウルアーティストのレコジャケのようなグルーヴィーに踊る2人。
今年のアートン発表会「DANCE FREAKS 4」Tシャツデザインです。
県内外のアーティスト作品をTシャツにしてダンスとコラボする、14年前から継続する当スタジオ独自の「アートとのコラボレーション」です。
 
この絵、もうお分かりでしょう!
今年は先日のおじい様との 共同個展(ふたり展)でも大盛況だった「アリサ」がデザインしました。
 
彼女が心のままに表現してできたこの絵。
顔もシルエットも衣装も、見れば見るほど愛おしくなる!
これが「DANCE FREAKS 4」オリジナルTシャツになります。
 
音楽に身を預けダンスで会話する2人、ずっと見てると絵の中の人物が自分に見えてきました。
ソウルミュージックに身を預け、心のままに踊っています。
この絵は、誰にもハッピーな気分を届けてくれます。
これを出演者全員が身につけて、ステージで踊る姿を秋にご覧頂けます。
 
原画も入り口前に展示中ですので、ゆっくりご覧下さい。
また、発表会へご出演されない当メンバーにもご購入頂けます。
発表会出演メンバーは、今週6月17日(金)までTシャツカラー変更を受け付けますので、双方の希望者はスタジオ掲示板の申し込み用紙へご記入願います。
 
 
たくさんの方へ見て頂く事で、この絵は更に輝きます。

 

これを見ずしてアートを語るなかれ。

かのゴッホも心酔し、画風に影響を受けたという浮世絵。
 
現在、宮崎アートセンターにて「五大浮世絵師展」が開催中です。
ケタ外れの発想やユーモア、大胆な構図や繊細な色使い、約200年前にもう仕上がっていました…
 
自分を信じ歩み続ける事は唯一無二のものを生み出す力になるんだと、浮世絵が語りかけてきます。
もちろん浮世絵と言えば! な作品も多数展示されています。
ダンスもアートも心の点滴。
どうぞ本物からたくさんのインスピレーションを得て、自身を平らにさせGOOD VIBESを高めて下さい。
 
<五大浮世絵師展>
期間:2022年5月8日(日)まで
会場時間:10:00〜17:30 ※会期中は無休
会場:みやざきアートセンター
料金:一般 1,200円 / 中高生 300円 / 小学生以下無料(保護者同伴で入場可)
詳細は コチラ
 
(歌麿 写楽 北斎 広重 国芳)浮世絵界のアベンジャーズやわ〜!

 
<歌川広重> 宮崎も描かれています。

 
<歌川国芳> 定番のダンチャレポスターも浮世絵の影響を受けていた?!

素晴らしきこの感覚!

Flashdance
この主人公に惹かれ、劇中のストリートダンスに心を撃ち抜かれ、今尚ダンスを踊る日々です。
あの名作が約40年の時を超えて、映画のスクリーンに戻ってきます!!
 
ダンスに携わる全ての方へご覧頂きたい名作。
新しいカルチャーが数多く生まれた、80年代の勢いを感じれる作品です。
心スッキリ元気になれる映画、もちろんダンスシーンは必見です。
是非、 ワンダーアティックシネマ へ足をお運び下さい。
 
<フラッシュダンス 4Kデジタルリマスター版>
公開日(宮崎):5月13日(金)
上映館:ワンダーアティックシネマ宮崎(アミュプラザみやざき/うみ館5F)
 
 
フラッシュダンス(1983年製作 / 95分)

 
What a Feeling – Irene Cara

ブルー&イエロー

ロシア軍によるウクライナへの軍事侵攻が続いています。
日々ニュースや新聞で知る、現地の方々の厳しい状況に心が痛みます。
我々も、宮崎にいながら何か出来ないだろうか…
 
今回「ダンチャレ寅」では、皆様よりお預かりしたエントリー料と入場料の一部を、日本赤十字社が募集する「ウクライナ人道危機救援金」へ募金させて頂きたいと考えております。
ご出演チームや代表者、保護者の皆様、そしてご観覧の皆様にはご賛同頂きますようお願い申し上げます。
※ 当該救援金の証明書は、県庁内「日本赤十字社宮崎県支部宮崎市地区事務所」にて発行頂いたものを後日アップ致します。
 
またスタッフが掲げるネックピースも特別仕様で、反戦や平和への願いが込められています。
 
ダンスに関わる皆様の力が、少しでも現地の皆様のお役に立てる一助になれば幸いです。
ダンチャレで繋がる皆様のご理解とご協力の程、どうぞよろしくお願い致します。
 
 

平和への階段
 

ウクライナカラーのハートマーク

“GOODTIMES”!

先日、新たな作品を展示致しました。
DOZE GREEN / Mugselectas 002」です。
筋を強調した一筆書きのようなタッチが特徴のグラフィティライター「DOZE GREEN(ダズ・グリーン)」
伝説のRock Steady Crew初期メンバーでもあります。
これを見て、楽しいダンスタイムをお過ごしください。