BUCKTOWN × アートン(年末限定グッズ)

毎年恒例の年末レッスンを告知致します。
 
アートンソウルファクトリー新旧講師陣が毎年末2日間に渡って開催する「年末特別レッスン2019」
もちろん今年も行ないます。
どちらか1日(2レッスン)全て受講しますと、
あ、あの!
みやざきのニューヨーク「BUCKTOWN」製の、ARTN刺繍を施したトラベルポーチを贈呈。
オーナー自身もブロンクスに数年間住み、アートンと同じ空気感漂うドープなインポートショップです。
こんなレアな品をダンスレッスンを受講するだけでもれなく貰えるな・ん・て!
見た目だけでなく、ポーチのサイズ感がバッチリでとても使いやすいんです。
※ 写真以外の型番、刺繍カラーも有り
 
また、2日間(10レッスン)受講の皆様には更に、
アートン講師にしてDJのエトゥが制作したドライブや気分を上げたい時にピッタリな「DJ ETOO 2019 Mix CD」もプレゼント!
これを聞けば身体が自然と動き出す〜んです。
 
〜 10レッスンなんて無理と思っている皆様 〜
以外と踊れるんです。
そして達成感がハンパない… 2019年を最高の形で締めくくれるツゥエゲナラハッピーな2日間です。
ビジター(当スタジオ会員以外の皆様)も同額で受講出来ますので、12月29日(日)30月(月)はアートンの年末特別レッスンへどうぞお越し下さい。
 
 

 
こんな感じに仕上がっています。
 
奥がBUCKTOWNのオーナー
 
蜂楽饅頭の奥2Fがショップ
 
アートン忘年会の大抽選会商品も「BUCKTOWN」より特別にご提供頂きました!
めちゃキュートなグッズです、お楽しみに。

県海外留学賞歴代受賞者展

県立美術館にて「県海外留学賞歴代受賞者展」が開催中です。
第一回受賞者「河野富夫」氏は、アートン第8回発表会Tシャツのデザインもご担当頂きました。
スタジオ入口向かいの絵がそれです。
よく見るとや躍動感溢れるダンサー達がちりばめられています。
 
美術館に展示中の作品やコメントからは、作者の当時や現在の思いがすごく伝わってきます。
共感し学び追求する思いはジャンル違えど同じです。
来週16日(土)18:00までの展示ですのでパワフルな作品群を是非ご覧になって下さい。
 
そして、青空の下でも見てみたい…
1階奥に常設展示してある青木野枝さんの作品も是非どうぞ。
 
 

 
河野富夫氏「ラプソディ・イン南郷」

HPフォトダイアリー更新

ホームページトップのフォトダイアリーを変更しました。
躍動感溢れるセンスある写真はアートン2代目ポッピング講師「RUI」が撮影したものです。
ゆっくりご覧になりたい方は、トップページ下部「photo gallery」内の「DANCE FREAKS 1」よりどうぞ。
 
 
ダイナマイト フラ〜ィナ〜ゥ(発表会でのラップシーン)

Manhattan Bridge(Bboy-Line)

アートンのアナザースカイ、
ニューヨークは誰もが自分らしくいれる、そして誰でも受け入れてくれる懐の深さがあります。
ココで生まれたヒップホップカルチャーは、世界中へ広まり私達の街「みやざき」でも深く根付いています。
更には、建築や教育とも結びついて新たなレベルへと向かっています。
 
NYC Subway(ニューヨーク市地下鉄)は、最もその雰囲気を感じられるスポットの1つ。
グラフィティのモチーフやダンスショーのセットとして、今もヒップホップの中心的存在です。
構内の人々や車内外の風景はじめ、何気ない所までも魅力的で刺激的に感じます。
 
今も昔もこの風景を見ながらリリックやルーティンやグラフをイメージしていますよ、きっと。
映像もどうぞ。
 
 

アートンソウルファクトリーはダンス以外でもその空気を感じる事が出来ます。

令和最初のアートンTee

今年の発表会Tシャツ、最高でしょ!
ニューヨーク在住のグラフィティライター「SHIRO」さんのデザインです。
 
今夏で39回目… 39かい!!
スパニッシュハーレムで開催されたグラフィティの祭典「GRAFFITI HALL OF FAME」
106th Street と Park Avenue の角にある学校の校庭を囲む壁面全部がグラフィティアート。
アートンのみんなもお気に入り「SHIRO」さんの新たな作品が描かれています。
 
スパニッシュハーレム(イースト・ハーレム地区)はヒップホップを色濃く感じれる町。
NY Legendダンサー「NAATSY」さんにご紹介頂き、お世話になったファンキーなストリートダンスクルー「Kr3t’s」の本拠地もココです。
ヒップホップを愛するなら必ず訪れて欲しい場所です。
行くときはもちろん「SHIRO×アートンtee」で!
 
 
Graffiti hall of fame 2019(SHIRO)
 
Graffiti hall of fame 2019(SHIRO)
 
NAATSY & SHIRO

鬼ヶ島にて。

香川県内の31校の中学生約3,000人が主体となって美術を通して社会に貢献することを目的として活動するチーム「オニノコプロダクション」
 
地域の人々と美術を通してコミュニケーションをとるという活動中に出くわし、この場所の良さをメガホンで叫ばされました。
叫びの意味はこうです。
「あなた達がここの魅力溢れる素晴らしいアートプログラムだ!」
 
みやざきでも是非やって欲しい活動、生き生きした笑顔増やしましょう。
 
 
芸術祭来場者や学校間の生徒同士の交流を目指すオニノコ瓦プロジェクトのマーク
 
鬼ヶ島大洞窟の鬼瓦。
 
高松市立国分寺中学校の生徒の皆様。
 
ありがとう!彼女達からかわいい鬼瓦頂きました。

ルイとジョン。

四季通りの南側に新たなアートスポットが完成しました。
アートンカウンター上のアートでもおなじみ「NOVOL」氏制作のウォールアートです。
この絵があるだけで通りが生き生き!
通りを歩くご年配の方もパワーを貰えるとおっしゃっていました。
 
みやざきにもちょっとずつ浸透してきました、このようなスポットは私達を楽しい気分にさせてくれます。
是非、生でご覧下さい。
 
 
Louis Armstrong
 
John Lennon
 
7月6日の宮日新聞

公道上にアートン。

質屋の看板じゃありませんよ!
今回は本来の役目を優先しました。
 
霧島ビジョンがある山形屋交差点を宮崎駅へ向かうとすぐ左にあります。
セブンイレブン斜め前にぶら下がっています。
そこから入れば、すぐアートンです。
デザインに紛れ込んだマンゴローも、ゆるキャラ「みやざき犬」を目標に地道にアピールを続けます。
 
そういえば先日、
「アートンは看板もダンスもお祭りも何でも遊びにしやりやっですがなぁ。」
って言われました。
ちょっとずつ、浸透しています。
 
 
2019年「橘2丁目交差点」デザイン東側
 
2019年「橘2丁目交差点」デザイン西側
※ 掲示5日間でお蔵入りになったデザインは当スタジオで展示予定。
 
 
<歴代アートン消火栓看板>
2018年「高千穂通り」デザイン / 初心に返る初代ロゴ
 
2017年「アミーロード入口」デザイン / 消火栓の枠をハートの片方に見立てた「HEART‘N’SOUL FACTORY」
 
2016年「木花派出所前」デザイン
 
2015年「宮崎駅前」デザイン
 
2015年「宮崎駅前」デザイン / 宮崎初!ストレートにDANCEを看板に表しました。

建設業者さん?いえアーティストです。

NOVOLさんのライブペインティング。
本日は場所を外へ移して作品を描いています。
こんな所でも描けるのは相当場数を踏んいる証拠です。
昨日同様、あの年季の入った作業道具で壁へ鼓動を与えて行きます。
完成が楽しみです。
 
場所は、
若草通り「太郎と花子」を南に曲がり四季通りを10mほど進んだ左手、足場が組まれた4階建てTOKIWA23ビルです。
みやざきでは滅多に見れないプロのウォールペインティングです。
どなたでもご覧になることが出来ますので、是非見に行って下さい。
 
 
足場ほせぇ!
 
雨降らなくて良かったです。
 
こんな高い所で!

Soul Singer

「NOVOL」氏のライブペイント作品が完成!
キャンバスの人物が動き出す感覚、ライブペイントの醍醐味を堪能させて頂きました。
キッズも大人もかなり凄さを感じているようでした。
アートンに来れば、ダンスだけでなく最高のアートにも出会えます。
ぜひ感じて下さい!
彼のホームページはこちら