2021年発表会終了!

本日は、アートンソウルファクトリー第13回発表会「DANCE FREAKS 3」へお越し頂きまして誠にありがとうございます。
 
同じ言葉になりますが、何度でも言わせて下さい。
ご観覧の皆様、スタッフの皆様、そして何より一緒に踊ってきたメンバー陣講師陣の日々の頑張りがあって、本日の成功があったと思います。
関わる皆様へ心より感謝申し上げます。
 
僕らのダンスに終わりはありません。
現メンバーやアートンを巣立ったメンバー、そしてこれからダンスやってみようと思ってる皆様。
 
来年2022年の発表会は、10月2日(日)メデキット県民文化センターにて開催予定です。
楽しみは多いに越したことは無い!一緒にあの最高の舞台へ向かいましょう。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

発表会トリを務めるのは…

今年のアートンソウルファクトリー発表会「 DANCE FREAKS 3 」トリを務めるのは…
当スタジオの新婚講師2人組「エトゥ&ユウキ
エトゥは間も無く結婚3年目を迎え、ユウキは先日入籍したばかりのホヤホヤです。
彼らの幸せがずっと続いていく事を願うばかりです。
 
そんな2人は、ユーモアに溢れ人情に厚い新しい感覚を持ったダンサーです。
アートンの風神雷神と自身たちを例えています。
重い空気を持ち前のキャラで吹き飛ばしてくれる風神「エトゥ」、爽やかでいつでも晴れ晴れとしたレッスンを行う雷神「ユウキ」。
そして一緒に踊るメンバー陣も歌や書、スポーツやサブカルや焼酎など他の芸術にも長けた方々がずらり!と揃っています。
 
ココの風神雷神として絶大の信頼を寄せる彼らと、一緒に切磋琢磨するメンバーで仕上げた作品は宮崎ダンス新時代の幕開けです。
これが令和の新たなビートへのアプローチ、そして超現代的ストリートダンス解釈、どうぞその目で見て心で感じて下さい。
 
 

lil gale(火曜ヒップホップクラス / エトゥ)
 

Hot Spring Club(土曜ヒップホップクラス / ユウキ)
 

lil gale(金曜ヒップホップクラス / エトゥ)
 

ラスト(第2部12番目)を務める「lil gale(エトゥクラス)+ Hot Spring Club(ユウキクラス)」

DREAM COME TRUE

月曜ソウル&ロッキング「マッポス!」、水曜ニュースクール「ポップコーン」、木曜オールドスクール「ダイナマイト」、金曜ラインダンス「ひなたラインズ」の詳細は語りません、メンバー一同ステージより全身全霊のダンスで皆様と非言語コミュニケーション致します!
 
ただ1つだけ、
「ダイナマイト」チーム写真は昔ご一緒したINDIA(ボーカル)在籍「The Brand new heavies」、そして日本ダンスシーンの礎を築いた某チームへのリスペクトが込められています。
もちろん踊る曲も、アシッドジャズ名曲「DREAM COME TRUE」です!
 
 

月曜ソウル&ロッキング「マッポス!」
 

水曜ニュースクール「ポップコーン」
 

 

木曜オールドスクール「ダイナマイト」
 

金曜ラインダンス「ひなたラインズ」

伸ばすとこ間違ってませんか?

毎週金曜ヒップホップクラスメンバーからなるダンチャレでもおなじみのチーム「ボジョーレヌーボー
普通は「ボージョレヌーボー」や「ボジョレーヌーボー」ですが、上記の様な箇所では伸ばす呼び方はこのチーム名だけ。
 
担当講師ウッチー曰く、前身チーム「大淀川慕情(おおよどがわぼじょう)」の「慕情(ぼじょう)」と掛けているとの事。
ボジョー(慕情)レヌーボー
あえて訳すなら「新・愛すべきみやざき」とでも言いましょうか。
 
現チームメンバーは第2回(2009年)よりご出演頂く方から初出演まで、ダンス歴も年齢層も幅広いです。
コンテストやイベントにも精力的に参加しており、特に「ダンチャレ」は初回より全てエントリーする鉄人衣笠の様なチームです。
 
宮崎をこよなく愛し宮崎のダンスシーンを誰よりも長く見守ってきた、そして宮崎最高齢ヘッドスピナーにして現役ダンサー。
彼が宮崎ダンスシーンに残した功績は計り知れません。
ウッチーイズムが注入された「ボジョーレヌーボー」「S.S.GANGSTA」要チェックです。
 
 

金曜ヒップホップクラス「ボジョーレヌーボー」
 

土曜キッズヒップホップ&Jrヒップホップ「S.S.GANGSTA」
 

大淀川慕情 / さとうむねよし(1981年)

ダンサーあるある。

火曜日ポッピング「Next Poppers(ネクストポッパーズ)」、金曜ヒップホップクラス「CONSTANT(コンスタント)」を担当するのはダンス歴19年の「RYO(リョウ)」です。
 
劇団マンゴローの「フレディ・マーキュリー」オマージュキャラ「フレディ・マーキュリョウ」でもおなじみ、人生の半分以上をヒップホップと共に歩むダンス「QUEEN」いやKINGです。
 
初代「TAKA」2代目「RUI」そして3代目ポッピング講師として2017年よりご担当頂いています。
音楽が流れれば自然と体が動き出す彼同様、「Next Poppers(ネクストポッパーズ)」メンバー陣も世間話の時など無意識にタッド(※1)やヒット&ウェーヴ(※2)を踊っています。
たまに目にする光景「ダンサーあるある」ダンス好きは必ずこれやります。
 
また金曜ヒップホップメンバーもクラス新設以来、お越し頂く息の長いメンバー陣に支えられ本番を迎えます。
ニュースクール(※3)もオールドスクール(※4)も乗りこなすリョウのグルーヴを得たチーム「CONSTANT(コンスタント)」は、バックトラックのアーティストとセッションしてるかの様に曲までも際立たせます。
 
どちらのナンバーも一緒に踊りたくなるような、グルーヴィーでファンキーな作品へ仕上がっております。
もちろん講師「RYO」も一緒に踊り、メンバーを鼓舞しながら会場も熱くさせます。
彼らが踊る時はご観覧の皆様にも要注目! 会場のあちこちで「ダンサーあるある」が発動する!?
 
 

チームのハンドサイン?
火曜日ポッピング「Next Poppers」
 

ダンス三昧!
金曜ヒップホップクラス「CONSTANT」
 
 
※1 … 古代エジプトの象形文字ポーズをパズルのように変化させていくポッピングダンス1つ
 
※2 … 体を弾いたり、体に波を通すポッピングダンスのベーシックムーヴ
 
※3 … 80年代後半から発生したニューステップやダンススタイルの総称で、ジャンルでは主に「ヒップホップ、ハウス」を指す。自由度の高いスタイルは、全世界で最も踊られるジャンルとして確立されている。
 
※4 … 70年代に発生したストリートダンスの総称で現在のヒップホップダンスの源流で、ジャンルでは主に「ブレイキング、ポッピング、ロッキング」を指す。今もベーシックムーヴを踏襲し進化を続けるストリートダンスの王道。
 

みやざき×博多×ニューヨーク=アートン

ヒップホップ黄金期の90年代、博多で伝説のヒップホップクルーが誕生。
その名は「TWIST CRAMP(ツイストクランプ)
 
女性っぽいガールズヒップホップではなくゴリゴリのアンダーグラウンドヒップホップが売りで、当時の博多界隈では誰もが知る実力人気を兼ねたダンスクルーでした。
クランプというスタイルが誕生する7,8年前からそのワードをチョイスする所は先見の明があったと言えます。
 
そしてそのリーダーが、当スタジオの火曜ソウルクラスGOLD LADY(ゴールドレディ)」、木曜90sヒップホップクラスSOLCO(ソルコ)」、そして金曜ヒップホップクラスTWIST CRAMP(ツイストクランプ)」を担当するジュンコです。
どのクラスも幅広い年齢層のメンバーが在籍しており、発表会へ向けてファミリーのように楽しみながら仕上げてきました。
 
アートンSOLCO(ソルコ)」は黄金期の様にアングラがオーバーグラウンドへ飛び出してきた時のような、フレッシュでポジティブなバイブスを発しています。
TWIST CRAMP(ツイストクランプ)」は本家ツイクラ以上!王道ヒップホップにニューヨークスタイル「Lite Feet」をミックスさせ独自に進化させたハード系ストリートスタイル。
GOLD LADY(ゴールドレディ)」はきらびやかな明かりが降り注ぐダンスフロアで一際目立って踊る、あの時代の女性達を彷彿させます。
 
「ダンチャレ丑」同様、 国文祭芸文祭みやざき2020応援プログラム でもある「 DANCE FREAKS 3 」は、バラエティに富んだジャンルや内容で見応え十分!
お待たせしました、いよいよ日曜日が本番です。
よろしくお願い致します。
 
 

TWIST CRAMP
 

SOLCO
 

GOLD LADY

シューヘイ、ヘ〜イ!

木曜レッスンを担当するシューヘイ。
メインワークの正規雇用によるダブルワーク不可に伴い、10日の発表会を最後に講師を退きます。
木曜ヒップホップ「CRAYON(クレヨン)」、木曜キッズヒップホップ「Crayon Jr(クレヨン ジュニア)」も今回が最後の披露となります。
 
別れは突然やって来ます、彼こそ当スタジオの成長と共にありました。
出会った時に寡黙で地味だった彼は、ダンスコンテストで優勝するほどのスキルと表現力を身に付け見違えるほど成長しました。
たくさんの出会いと仲間たちがいたからこそだと思います。
 
そして彼のスキルやグルーヴは、レッスンやコミュニケーションで生徒のみんなへ受け継がれています。
CRAYON」「Crayon Jr」それぞれのメンバー陣で踊るのは今回が最初で最後、奇跡の巡り合わせで出来たチームでのショーを大切に思いっきり楽しんで欲しいと思います。
 
彼を慕ってレッスンへ通うメンバー、そして保護者の皆様には申し訳ない気持ちでいっぱいですが、どうぞご理解のほど宜しくお願い致します。
引き続き、生徒の皆様をしっかりとフォローして参りますのでご安心してダンスをお楽しみ下さい。
 
 

木曜キッズヒップホップ「Crayon Jr」
 

木曜ヒップホップ「CRAYON」

BJB。

ケイコ担当のK-POPクラスからなるチーム「BLACK JACK(ブラックジャック)
 
この名前も、そろそろどこかの新人アーティストグループが名付けそうな雰囲気します。
それくらい名もシックリ、もちろんダンスもK-POPど真ん中のチームです。
メンバー総数も21名と、カードゲームならナチュラルブラックジャック!で勝ちです。
 
そして彼女が担当するもう1チームは「BUTTERFLY(バタフライ)
ここも数回のチーム名変更を経て、12年前より現在も続く老舗ジャズチームです。
ここからたくさんサナギが蝶となり巣立って行きました。
現メンバーはようやくサナギから蝶へ羽化するところ、発表会ステージ上ではすでに蝶になって飛び回ってるかもしれません。
 
どちらも往年の在籍メンバー達が研鑽を重ねてきた上にあるチームです。
たくさんの想いを背に受け、いざ踊れよ! BJB(ブラックジャックバタフライ)
 
 

月曜K-POPクラス「BLACK JACK(Kids-Jr)」
 

水曜K-POPクラス「BLACK JACK(High-Adult)」
 

「I’m a butterfly, not a moth」
水曜ジャズクラス「Butterfly」

ラグジュアリーな響き。

毎回ストーリー豊かなナンバーで魅了する、水曜ジャズファンククラス「HERMES」。
そして日本語の持つ奥の深さを表現する、土曜フリースタイルジャズクラス「PRADA」。
 
担当講師のヤマちゃんは、宮崎でも数少ない男性ジャズダンスの講師です。
ここのメンバー陣はパンフの写真の通り、
憑依、解脱、達観… そう突き抜けています。
 
一度踊り出せばスイッチが入り普段の可愛らしい彼女たちとは別人、パワフルなダンサーへと変貌します。
そして唯一無二の世界へと一気に引き込んでいきます。
想像を超えてくる振り付けや展開、そして顔!(豊かな表情)
講師のヤマちゃんも出演、今回も見逃せない要素が満載です。
 
ハイブランド「HERMES」には「優れた腕を持つ職人が最高の品質の製品を用意しますが、それを身に付けて使いこなすのはお客様自身です。」という隠された意味があるそうです。
また「PRADA」も世界中の女性の憧れの象徴のブランドです。
 
チームに込められた想いと重なるのでは?
あれこれ想像しながら、アートン発表会での「HERMES」「PRADA」を楽しみにお待ち下さい。
 
 

水曜ジャズファンククラス「HERMES」
 

土曜フリースタイルジャズクラス「PRADA」