新クラス7月スタ〜ト!

体験や見学へお越し頂いた老若男女の皆様、誠にありがとうございます。
当スタジオのダンスは如何でしたか?
 
現在、10月開催の発表会「  DANCE FREAKS 3 に向け、どのクラスも作品の振付けに入っております。
体験したもののスタイルやレベルの違いで違和感を覚える方が、もしかしたらいらっしゃったかもしれません。
全てのニーズを満たす事の難しさを痛感しております。
1回限りかも知れぬ貴重なひと時を大切に、少しでもダンスの楽しさを覚えて頂けますよう講師一同、引き続き頑張って参ります。
 
沢山の皆様にお越し頂く今、
発表会の振付けに追われる事無くじっくり進める中学生から大人向けの入門クラスは、以下で受け入れが整っております。
 
★ 毎週水曜日 20:45-22:00 / パンキング入門(フミ)
 
しかし同様なキッズクラスがありません。
現在稼働する入門を含むキッズ全クラスは、発表会の作品作りに入っており振付けに比重を傾けつつあります。
初心者のお子様や保護者の皆様の中には、発表会出演にはまだ早く、まずはダンス基礎やレッスンを受ける姿勢作りを欲してる方々もいらっしゃる様です。
 
そこで発表会終了まで、ストリートダンス基礎(リズム、ステップ、多ジャンルの振付け)を行なう「ストリートキッズ入門」クラスを新設します。
対象はダンススクール未所属の新規入会者のみと致します。
 
ダンスをやりたいキッズ諸君、何でも体験させてその中より好きなものを見出したいとお考えの保護者の皆様、この機会に是非チャレンジしてみて下さい。
日時や内容は以下の通りです。
 
 
<ストリートキッズ入門>
日時:毎週火曜 18:30-19:30
期間:2021年7月6日(火)〜10月26日(火)※4ヶ月間
対象:5才〜小学6年生(どこにも所属していないダンス初心者に限る)
内容:ストリートダンス全般基礎(ヒップホップ、ハウス、ポッピング、ロッキング、ブレイキング)
料金:5,300円(月謝制)
講師:ケンゴ(笛水小中学校ヒップホップ指導、ひがし保育園ヒップホップ&鶴田病院ダンスセラピー担当)
コメント:本物のストリートイズムを伝えるのはこれが最後!? この貴重な機会へ是非ご参加下さい。
11月以降は当スタジオ受講対象クラスへステップアップして頂きます。
 
※受講希望者はトップページツールバーの「体験/TRIAL」よりお申し込み下さい。
 
 

私達も源流、てげなカッコ良く踊れるよういざないます。

「国芸祭みやざき」がより魅力的に。

木梨憲武
皆さんご存知、とんねるずメンバーアーティストMr.自由人
周りにある人や物や事象の全てを生かし「Win Win」へと導く手腕。
芸もアートも、そんな自由奔放で遊び心に溢れています。
 
大変恐縮ですが、アートンの劇団マンゴロー演目やダンスショーにも通じます。
自分も楽しみ周りも楽しみ、それを見てまた自分が楽しみ、それにつられてまた皆が楽しむ…
ノリさんのアートは、そんな明るく元気になれるパワーに溢れています。
 
その個展が来月より宮崎にやってきます!
 
毎回、会場によって雰囲気が変わるのも楽しみの1つ。
また会期中は「国文祭芸文祭みやざき2020」も真っただ中、何かコラボやサプライズがあるかもしれません。
イギリスやニューヨークなど世界を巡回する個展「木梨憲武展 / Timing」は、7月10日(土)より都城市立美術館にて開催です。
 
”自由って一体なんだ〜”って思っているあなた、
”どうすりゃ自由になるか〜い”って思っているあなたへおススメします。
 
日時:2021年7月10日(土)- 8月22日(日)9am-5pm
※ 毎週月曜休館日
会場:都城市立美術館
料金:一般 1,200円 / 大学生・高校生 700円 / 中学生 500円 / 小学生以下無料
※ 前売りは各々料金より200円割引 / 前売ペアチケット 1,800円
 
 

アートもどうぞ。

宮崎美術展と宮日総合美術展が統合した新たな公募展「第1回みやざき総合美術展」が明日まで開催中です。
絵画、彫刻、書、写真、工芸、デザイン、自由表現、それぞれの部門の入選作品が展示されています。
 
アートン2代目ポッピング講師「RUI」の作品も入選展示されています。
描かれたクジラは彼のおなじみのモチーフ、張り子の翼の青年を見守っているよう…
または、今を乗り越えた先の明るい未来へ一生懸命向かう途中にも見えます。
タイトルは「張り子の翼」です。
 
アートン入口前のダンサーが紛れた草木生い茂る風景画でもおなじみ、
彼の父「河野富夫」氏の作品「ラプソディ・イン南郷 21M」も展示中です。
 
ダンスやアートは、いつも自身のモチベーションを上げてくれます。
作品を見たい方は是非会場まで足をお運び下さい。
 
 

入場料:一般500円 / 高校生以下無料

NEOひょっとこプロジェクト。

ひょっとこ踊り」は今も人々の心を清らかにする、宮崎を代表する郷土芸能です。
一見、面白く踊れば何でもOKみたいな感じですが、しっかりと型があり被る面によっても踊り方が変わる奥深いものです。
しかし他の郷土芸能同様、若い世代への訴求がカギとなっています。
 
みやざきにも新しいものを柔軟に取り入れて活動されている方々がいらっしゃいます。
アートンソウルファクトリーが参加する「 NEOひょっとこプロジェクト 」もその1つです。
地域の魅力溢れる人やものを掘り起こし巻き込み、宮崎から発信し「最高の笑顔(Extreme Smile)」を生み出そうというプロジェクトです。
とても興味深く、新たな何かを生み出せるのではないかとワクワクしております。
 
ここへ参加できるのも、 ひょっとこ講習会  や  ひょっとこワークショップ ひょっとこフラッシュモブ など…
ひょっとこと本気で向い合って来たことの延長線と感じます。
 
天岩戸開き」「神武東征」「高千穂神楽」など、沢山の神話や伝統芸能とコラボしてきた私達南国エンターテインメント集団は今年も期待に答えます!
関係者、メンバーの皆様、どうぞ宜しくお願い致します。
 
 

アートンきつね&おかめ&ひょっとこ(お顔は完成動画で披露。)
 

フォトギャラリー追加。

アートンフォトギャラリー追加しました。
 
ステージで本気を出してる姿、仲間達とリラックスした姿、イベント直後の充実した姿、目標に向かって楽しむ姿など。
アートは当スタジオ展示作品、発表会コラボデザイン、以前のスタジオ外観や街中アートスナップをアップ。
 
懐かしの一枚から初見の一枚まで、アートンソウルファクトリーの足跡を辿るギャラリーをどうぞお楽しみ下さい。
こちらからどうぞ。
 
 
ダンスが引き合わせた仲間達。

 

宮崎初、映像の国際大会!

来年1月1日〜3日の3日間、宮崎県総合文化公園にて「第7回プロジェクションマッピング国際大会」が開催されます。
 
建物の壁面に巨大な3D映像を流す、テーマパーク等でよく見るあのパフォーマンスです。
めったにお目にかかれない大スケールのアートイベントがやってきます。
宮崎県立美術館の壁面が投影面となります。
(サイズ:高さ約35m、横幅約100m)ひょえ〜、てげでけー!
 
国文祭・芸文祭みやざき2020に向け、多くの芸術を体験出来る機会が増えるのはとても喜ばしい事です。
楽しまなきゃ損です。
暖かい格好をしてお友達やご家族皆で会場へ足を運びましょう!
 
 

そこで一緒に泳ぎたい!

「全ては円で繋がっている」
表現方法もダンス、アート、写真など、彼を見ていると全て繋がっていると感じさせられます。
先日発表会で写真を撮っていた彼を覚えていますか?
 
アーティストの「ルイ」です。
時間の流れは早い… 彼を知らないメンバーもいらっしゃいます。
ですからここでしっかり紹介致します。
ダンサーで美術家で美術教師で高校ダンス部顧問などたくさんの顔を持つアーティストです。
アートン前ポッピング講師、9回目以前の発表会Tシャツデザイン、今回「NEXT POPPERS / ポッピング(リョウ)」のTシャツデザインも手がけてくれました。
お父さんも美術家で第1回宮崎県美術海外留学賞受賞、当スタジオ第8回発表会のアートコラボもご担当頂きお世話になっています。
 
ルイがこの度、第70回記念宮日総合美術展の留学賞チャレンジ部門の入選者に選出されました!
すごいですね、うれしいですね!
留学賞チャレンジ部門は今年度70回をもって終了する部門です。
お父さんでスタートして息子でゴールを迎える… これは物語になります。
アートもダンスも「ルイ」の今後の更なる活躍を期待しています。
 
 

 

New York in the 1980s

バスキアと直接親交のあった写真家ローランドハーゲンバーグさんのトークショー。
80年代のニューヨークの様子をジャクソンボロックやアンディウォーホルなど、
当時のアーティスト達との貴重なやりとりを交え語ってくれました。
 
80年代初頭はインターネットもなく、NYではパラディウムやファンハウス等のクラブが情報交換の場だったり流行発信の拠点でした。
そこに現在のスーパースター達が集っていたそうです。
 
他にもバスキアがアルマーニのスーツで絵を描くまえの話、キースヘリングに仕事を頼まれた話、クラブで流行していたダンスや曲、ウォーホルの知られていない真実などなど… とても貴重で自身が彼と一緒にタイムスリップしたような不思議な感覚でした。
バスキアや80sニューヨークが身近に感じられるひとときでした。
 
ローランドさんの写真集はスタジオにございますので是非ご覧下さい。
 
 

 

オンラインショップも営業中!

オンラインショップに商品を追加しました。
限定のTシャツやスウェットパーカー、宮崎物産館でも取り扱う当オリジナルみやざき犬グッズもございます。
数が少ないのでご希望の方はお早めにどうぞ。
 
 
Designed by RUI

meguru yamaguchi, アート 宮崎, 山口歴, Out of bounds

OUT OF BOUNDS 本物!

銀座レトロギャラリー「MUSEE」
高いビル群が立ち並ぶ中、ポツンとたたずんでいます。
天井には碍子など昔の物もそのままです。
銀座に残る素敵な近代建築を後世に残し、
たくさんの皆様に見て頂き何かを感じ取って頂こうという思いを感じます。
ここのオーナーの先代は、1924年の旧宮崎銀行本店を施工した建築会社の創業者です。
 
そしてそこにはギャラリーのレトロな外観とは360°違う、とんでもない作品が常設されています。
ニューヨークブロンクスで作品を産み続ける山口歴さんの作品『OUT OF BOUNDS』『SPLITTING HORIZON』シリーズです。
アートンの入り口にも貼ってあるステッカーで見ていた方もいると思います。
ヒップホップのアプローチに近い作風が特徴です、オーナーから熱い話をたくさん伺いました。
 
作品は…
こらぁてっげ、すげぇ!生きてますよ!!
「平面では物足りない、飛び出して好きにしてもいいだろ!」
と言わんばかりの迫力です。
でかさ、厚みや光り方、色は写真では伝わりにくいですが、このみなぎるパワーは僕らを元気にしてくれます。
是非、本物を見て頂きたいのですが、忙しくて行けない皆様の為に写真を撮らせて頂きましたのでどうぞご覧下さい。
 
 
ギャラリーMUSEE
 
OUT OF BOUNDS NO.01
 
OUT OF BOUNDS NO.09
 
OUT OF BOUNDS NO.12
 
OUT OF BOUNDS NO.30, NO.31
 
OUT OF BOUNDS NO.39
 
OUT OF BOUNDS NO.45
 
OUT OF BOUNDS NO.50
 
SPLITTING HORIZON NO.1, NO.2
 
OUT OF BOUNDS BBOY